ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

父に会いに行く

3連休の初日、父の墓参りで、たろさんとともに山梨にいってきました。

7月に三回忌が終わり、それから初めての墓参でした。最寄り駅に着き、花などを買ってタクシーでお寺まで。運転手さんから、さっきまで雨が降っていたんですよ、晴れてよかったですね、と声をかけられます。やはり晴れ男の父のおかげか…。いつもそうなのです、雨予報でもいい天気になったり、お墓の掃除が終わって帰るときに降られたり。

前回お供えしたお酒の瓶を片付けたり、お墓の掃除をしたり、買ってきた花をお供えしたり。今回お供えするお酒はちょっとだけ奮発してプレミアムモルツ。…亡くなる前、お酒が飲めなくなってしまって、私と妹が買って来たノンアルコールビールを美味しいと言って飲んでいたのを思い出します。…父の葬式のあとに飲んでみたら、ちっとも美味しくなかった(今は美味しいかもしれませんが、当時は全然美味しくなかった)。ごめんね、おとうさん。

お線香をあげて、手を合わせながら近況を報告し、母や妹達のことをお願いして。
「じゃあね、おとうさん、またね」…今回は笑って言えた。

父が亡くなって以来、「またね」という言葉が苦手になりました。父が亡くなる前の日にも「またね」と声をかけ、父が「おう、ありがとな」と返してくれた。「またね」という言葉を口に出すと、あのころのやりきれない気持ちを思い出してしまうのでした。…それでも、時間がたち、少しずつ気持ちが整理されているのかな。

こっちはいろいろあるけど、みんな元気にやってるよ。これからも見守ってね。
じゃあね、おとうさん。またね。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-09-23 21:24 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧