ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ゆる登山、おかわり!

d0100314_18252158.jpg宣伝でございまーす! 本日発売デス!

「もっと行きたい!東京近郊ゆる登山」
実業之日本社刊

一昨年「そこの女子、山へいきますよ!」のキャッチで話題をさらった(と思っているのは私だけか)、初心者山ガール向けのハイキングガイドブック「東京近郊ゆる登山」の続編です。

今回のテーマは「引続き、さらにゆるく」。
山を始めた山ガールたちはどこへ向かうのか。もちろんステップアップしてどんどん高い山や困難なルートに向かう人はいるでしょう。でもその一方で、いつまでも「ゆるーく、まったり、山を楽しみたい」人は少なからずいます。のんびり歩いて、ああ気持ちよかった、いい気分転換になったな、って山をもっとたくさん伝えたい。‥いや、自分が知りたかったのです。前回同様、すべての山は実際に歩いています。そして楽しいな、またいきたいなと思った山だけ紹介しています。行ってみたら予想以上に素敵だった山もたくさんあります。

今回もステキなイラストを、山のイラストレーター鈴木みきさんに書いていただきました。1冊目から2年たち、ちょっとかわってきた山ガールファッションなど、いい感じです。ちょっとタイトなスケジュールにもかかわらず、快く引き受けてくださって、しかもすごくかわいいイラスト、ほんとに感謝です。

写真は、1冊目からずっとおつきあいいただいている和氣淳(わけあつし)さんと、岳人の山道具連載でご一緒している石森孝一さんに撮影をしていただきました。とてもステキな写真ばかりです。山歩きを、自然をめいっぱいに楽しんでいる感じが、伝わってくると思います。ありがとうございます。

今回、試みとして「登山計画書」をつけてみました。
計画書の大切さはいろいろなところで言われています。計画書を書くことは、自分の山行をちゃんと考えるきっかけになるし、何かあったときにも役に立つ。…でも実は、初心者にはけっこう敷居が高いものだと思っています。何を書いていいのかわからない、書いたらどうすればいいのかわからない。そもそも私がいくような山で計画書何て必要?みたいな。そんな人に「書いてみよう」という気になってもらうことを重視しました。本当に最低限の情報だけ入れた、サルでも書ける(言い過ぎ?)計画書です。みんな、活用してくれるといいなぁ。。

自然の中に身を置いて、山のすべてを楽しむ。
この本で、山の楽しさに目覚めてくれる人が増えますように。

書店で見たら、よかったら手に取ってみてください。そして山に興味を持っている人、山歩きが好きな人に勧めていただけたら、うれしいです。
もちろん、女子以外でも購入可能です。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-04-12 18:26 | 仕事のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧