ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

上越のマッターホルンへ:大源太川北沢

d0100314_13442724.jpg平日のどまんなか、水曜日に上越で沢登りをしてきました。

行き先は大源太山に突き上げる大源太川北沢。お仕事つながりで知り合った、ベテラン沢ヤの山岳ガイド・豊野さんと、豊野さんのお客様お一人と3人で歩いてきました。

いつもより水量多めだったようです。通常は水量なく難なく登れる滝でロープを使ったり、思い切り水を浴びまくりのシャワークライミング。もう9月なのに…。晴れ予報でしたが天気は曇り、少し霧雨っぽくなり、水を浴びっぱなしだと身体が冷えて寒いくらいでした。それでも詰め上がって行くうちに天気はよくなり、気持ちよく歩けました。稜線に出たら荷物をデポして大源太山の山頂へ。湯沢の町並みや周りの山々がきれいに見渡せました。

一時期、湯沢にプライベートでちょくちょく遊びに来ていた時期があり、その頃から「形のいい山」と認識していた大源太山。登りたいなと思いつつ、なかなかチャンスがありませんでした。が、はからずも登るチャンス、しかも登山道からではなく沢を詰め上がって。嬉しかったなぁ…。

下山は一般登山道を約2時間。とはいえ、ずっと急な下りが続くのですね。ちょっと膝にきました。最後の最後で渡渉に失敗して川に沈没したのもご愛嬌(苦笑)。同行の方々には「美味しいところをもっていって、ずるい!」と笑われました。。

水量多く、通常より1グレードぐらい上の遡行となったようですが、気持ちよく登らせていただき、以前から登りたかった大源太山に沢から登頂できました。同行の皆様に感謝。ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-09-12 13:31 | 山や岩のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧