ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月の仕事。

宣伝でございます。

●山と溪谷社「ワンダーフォーゲル」2月号(1月10日発売)
特集「実践登山学」の地図読み入門のパートで、取材・執筆を担当しております。地図読みのエキスパートである平塚晶人さんからお話をうかがい、記事をまとめました。

登山の専門誌の地図読み特集では「地形図を読む」のが定石ですが、今回は「登山地図で地図読み」という提案をしています。本当の初心者にとって、地形図というのは高すぎる壁。多少山を始めて地図に興味を持った人に、とりつきやすい登山地図を活用して、地形を読む楽しさを無理なく知ってほしい…というのが企画意図でした。

平塚さんの分かりやすく実用的な解説や提案が、少しでも伝わるよう、がんばりました。地図に興味を持った人に参考にしてもらえるとうれしいです。

●岳人2月号(1月15日発売)
連載「山道具2014」の取材、執筆をいたしました。
そうですよ、今年も偶数月は西野が担当いたします。「うげえ〜!」とため息をついたりブーイングをするのは無しでお願いします。今月のアイテムは「ピッケル」です。で、今回の読者プレゼント商品は、ミゾーの「赤星」です。…これは申し込まなくては。てか、私が欲しいくらいです、ええ。

さらに、ミゾーの社長であり職人であり、ベテランクライマーでもある溝渕三郎さんのインタビュー記事があります。恐れ多くも工場に押し掛けて、お話をうかがいました。つたない質問にもひとつひとつ丁寧に答えていただき、ひたすら感謝です。あと、記事はアレですが、写真はとても素敵です。

で。今回の特集は「日本百名山」なのですが、服部文祥さんが深田久弥の歩いたルートをたどって平ヶ岳を目指した…というルポがあります。ほんのちょっとだけ、企画に携わりました。過去と現在を行き来するような、時代を越えた2つのパーティーの息づかいがシンクロするような…岳人らしい記事だと思います。ぜひ読んでみてください。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-01-20 23:05 | 仕事のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧