ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

上越のマッターホルン・大源太山(冬)

d0100314_17422254.jpg
2/22-23で、山岳会の仲間達と上越のマッターホルン・大源太山にいってきました。
実はこの山には昨夏にも訪れています。そのときは沢登りで。今回は雪山登山です。

初日、すざまじい渋滞に巻き込まれ、早朝に出発したにもかかわらず登山口に着いたのは午後2時近く。先週の積雪の後遺症は関越道にも及んでおり、沼田から先あたりは道路の端に雪が積もって斜線が少なくなっていたのが渋滞の原因。たぶんしばらくこんな感じだろうなぁ。やっぱり上越は電車だよねえ…。
結局歩き始めて20分ぐらいのところでテントを張りました。宴会を始めるには少し早かったので、ビーコン・プローブの使い方講習などして、宴会。

翌日はいけるところまで。散策していたらしい人のトレースはすぐになくなり、新雪ラッセルを楽しみました。長居林道歩きのあと、ヒロクボ沢出合のあたりから尾根に取り付きました。天気はまあまあよく、風もなく、雪は適度に締まっていてスノーシューで膝下ラッセルぐらい。気持ちよくて楽しくて、奇声を発しまくり、同行者たちにドン引きされておりました(たぶん)。結局、1141mピーク付近まで進み、来た道を戻って下山しました。

山頂には立てませんでしたが、気持ちよく歩けました。やっぱりトレースのない山はいいな、楽しいな。おつかれさまでした、ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-02-27 17:44 | 山や岩のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧