ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

岳人7月号、出ました。

d0100314_224133.jpgお仕事いたしました〜。
岳人7月号(6月15日発売)
「この夏、登りたい沢」という小特集?の企画編集を担当いたしました。
昨年の7月号は第一特集でページもたくさんいただけたのですが、今回はちょこっと。気軽に行ける日帰り沢、沢旅を楽しめる泊まり沢、そして関西の素敵な沢エリア・台高の3本立てです。なんか楽しそうだな、行ってみたいなと思っていただけると嬉しいデス。お忙しいなか、原稿を書いていただいた皆様、本当にありがとうございました。

それから、拙著「東京周辺お泊まりゆる登山」を、書評欄で紹介していただけました。大きくページを取っていただき、ありがとうございます。

メイン特集は「6人のクライマー 30の質問」。
今が旬の6人のクライマーたちのインタビュー記事です。アツくてキラキラしています。インタビューを受ける側も、インタビューをする側も。岳人が今できることを懇親の力で作った…という感じの特集です。ひとりの読者として、読みながら胸がいっぱいになりました。。

そしてそして。皇太子殿下の「富士山」のエッセイ。
登山が大好きな殿下。でも彼が山に行くのはとても大変なことです。お付きの人がたくさんつかなくてはならないし、現地の人たちにも負担をかける。場合によっては道を整備しろみたいなこともあるでしょう。だから思い立ったらプラッと、なんてたぶん一生行けない。今なら誰でも、思い立ったら行けちゃう富士登山なのに、彼は山頂に立つのに50年かかった。
心優しい、1人の登山者としての殿下の姿をかいま見ることのできる、皇室ファンとしては本当に本当に貴重な1本です。

読み応えたっぷりです。是非お手元にどうぞ!
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-06-17 22:41 | 仕事のこと。 | Comments(2)
Commented by 夢酔藤山 at 2014-07-05 21:03 x
まだ出版処は変わらないんでしたっけ?
Commented by ニシ at 2014-07-06 21:36 x
>夢酔藤山さま
はじめまして。コメントありがとうございます。
はい、変わっておりません。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧