ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

おひとりさわ2:真名井沢

台風一過の晴れ間を狙って、沢登りにいってきました。

直前過ぎてもちろん同行者はなく、以前から1人で行こうと思っていた沢のひとつ、奥多摩の真名井沢に行くことにしました。ひとりで沢登りに行くのは2年ぶりです。

電車を乗り継ぎ、JR青梅線川井駅からスタート。駅からバスが出ているのですが、平日は登山にちょうどいい時間帯の運行がないのです。なので炎天下のなか、黙々と歩いて入渓点を目指します。1時間ほど歩いて到着。身支度をして沢に入ると、水が冷たくて気持ちいい!!! 台風直後で水量が多いかと心配していたのですが、そうでもなかったです。水の濁りもなく、陽光を浴びてキラキラ。なんて素敵。

登れる小滝が連続する沢…というふれこみなのですが、ひとりだと慎重になります。ちょっと危ないかなと思う滝は巻き道を使いました。けっこう歩かれている沢なので、巻き道はしっかりついています。そして、登れる小滝は、わざと水を浴びながらぐいぐいと登ります。あまりに暑くて、途中で頭から滝の水をかぶったりして。
この冬の大雪はやっぱり沢に影響を与えていて、未だに倒木がとても多いです。倒木のために登りやすくなっている滝、登りにくく(あるいは登れなく)なっている滝も多かったように思います。

植林帯が現れ、沢に倒木が目立つようになったところで右岸の植林帯の急斜面を登って登山道へ。思っていた場所とほぼ同じ地点に詰め上がることができて、思わずニヤリ。あとは歩きやすい登山道を飛ぶように下り、古里駅に下山したのでした。

久々に沢登りが楽しめてよかったです。しかし、、ひとりはやっぱり緊張するし、滝も無理には登れないので、ちょっとつまらないです。とはいえ、なかなかよいトレーニングになりました。2年前の「おひとりさわ」に比べると、ずっと落ち着いて、地図もしっかり読み込めて、いい感じに歩けたのではないかしら。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-08-14 13:36 | 山や岩のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧