ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ゆる登山days(2/2)

d0100314_12261260.jpg
ゆる登山講座終了後、大涌谷からロープウェイやケーブルカー、さらに新幹線と乗り物をひたすら乗り継いで土合まで。

ゆる登山講座日曜クラスのイベント「谷川岳の集い」があったのです。土曜の夜は土合山の家で懇親会。おいしい夕食をいただいてから、受講生の皆さんと夜遅くまで(翌日の支障にならない程度に)語らい、懇親を深めました。

そして日曜日は谷川岳登山。天神尾根往復です。
土砂降りの雨が夜から明け方まで降っており、これはもう中止かなぁ、宝川温泉混浴ツアーでいいかなあ…と思いつつ、とりあえず行けるところまでと決行したら、まさかの快晴!  ひんやりとした秋の空気の中、周りの山々もしっかりと眺められ、気持ちよく歩けました。参加の皆さんも、とても楽しみにしていたであろう谷川岳、ご一緒できて、全員で山頂に立つことができて、本当によかったです。

このクラスの皆さんは、受講歴が長い方が多く、もはや受講生というより山仲間…という感じです。
講座ではやはり東京近郊の、比較的行程の短い山しかご一緒することができません。今回はイベントの形で、いつもと違う山にトライしてみました。受講を始めた頃は低山でさえとてもつらそうだった方、谷川岳なんて一生登ることはないと思うとおっしゃっていた方、皆さん笑顔で歩いておられました。無事に終わって、そして皆さんとても楽しんでくださったようで、ほっとしました。

いつもと違う登山の扉を開くお手伝いができたのかな。だとしたらとても嬉しいことです。
おつかれさまでした、ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-09-08 12:26 | 仕事のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧