ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

山仕事・炎の5日間

8月は雨が多くて思うように山の仕事ができず、気づけば日を置かずに毎日のように山に通っています。そして、気づけばなんと9月13日から5日連続山仕事、という事態になってしまいました。

初日は秩父の名峰・武甲山へ。空は青空、でも空気はすっかり秋めいて、ひんやりとした空気のなか、気持ちよく歩けました。登山口の標高は500m、山頂の標高は約1300m。800m一気に登るのに、なんとなく苦しくないというか、登っていくにつれて気持ちよいと感じる山。なんでだろう。今回は表参道の往復で、帰りに道の駅あしがくぼで久々にずりあげうどんを味わいました。やっぱり美味しいな〜。

2〜4日目はガイドブックの取材で北アルプスへ。立山三山と大日岳縦走をしてきました。天気は若干微妙…でしたが、なんとか要所要所で晴天に恵まれ、無事に取材が終了。3連休の中日に歩いた立山は人であふれかえっていました。映画「春を背負って」の影響なのか、隣の大汝山も人だらけでした。初日は雷鳥沢ヒュッテで温泉を満喫、山の温泉はたまりませんね。一方、翌日からの大日岳は静かな山歩き。すごく近い場所なのに、それぞれに山の雰囲気が異なっているのが面白いです。2日目は大日小屋でお世話になりましたが、こぢんまりとしてあたたかい、素敵な山小屋でした。

そして最終日は「東京近郊ゆる登山講座」で大山へ!
天気が心配されましたが、暑過ぎず寒過ぎず、少し蒸していたかもしれませんが、表参道往復ルートを気持ちよく歩くことができました。この時期に大山に来たのは初めてですが、紅葉にはまだ早く、木々の緑が爽やかで癒されました。…この講座にとって「大山」は唯一体調不良者を出してしまったトラウマの山。今回はまだ暑そうだし大丈夫だろうかと不安がありましたが、たくましく成長した受講生の皆さん、しっかりとした足取りで歩いていて、山を満喫していたようです。よかった…。

5日間も連続で山なんて行けるのかなと思っていましたが、なんとかなるものですね。…反動で倒れないようにしなくては。今月後半もまだまだ気が抜けないです。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-09-19 10:22 | 仕事のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧