ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

常春じゃない。湯河原幕岩

d0100314_22465399.jpg

土曜日、湯河原幕岩正面壁にいってきました。

所属する山岳会のクライマー先輩Y氏(師)、後輩と、3人でいきました。天気予報で「晴れ、風がなく暖かい日」と聞いていたのですが、終日どんよりと曇りで気温は上がらず、ときどき風とともに冷気が吹き付ける1日となりました。そんな天気になのに、岩場にはたくさんの人が貼り付いていました。外国人(欧米か!?)のグループがいて、かなりインターナショナルな雰囲気をかもしだしてました。

考えてみたら、初めてここに来たのはもう5年以上前。当時いた山岳会の先輩方と、やっぱり梅の咲いている時期に来たんだった。当時は岩の崩落か何かで登攀禁止のエリアが広くて、知らずに正面壁に取り付いて管理事務所に怒られ、降りてきたら人だらけでどこも登れなかった…という。

基本的に、先輩にトップロープをかけてもらって登る、というのを何本か。はじめは全然登れなくて泣きそうになりましたが、気温が少し上がるにつれて、岩に慣れるにつれて、少しずつ楽しくなってきたような気がします。一番最後に、すごくカンタンで短いルートをリードで登ってみました。緊張したけど、、面白かったな。

先輩の登りを見て、いろいろとお話をして、今期したいことと、そのためのアプローチが見えてきたような気がします。そのためには「自分に言い訳しないで時間を作る」こと。がんばろう。

今度はいつ行けるかな。シーズン中にもう何度か行けたらいいんだけどな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2015-02-25 22:47 | 山や岩のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧