ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

やや復活?

水曜・木曜は出張。

ガイドブックの取材で蓼科にいってきました。
飲食店を数軒まわりました。蓼科のあたりは、山麓がいま紅葉の見頃、中腹はすでに終わり気味…という感じでした。カラマツの林が多く、散っていく直前、金茶色の葉が陽光に照らされて輝いていました。

今回おうかがいしたお店は、みなそれぞれに素材にこだわり、製法にこだわり、お客さんによりよく過ごしてもらえるよう工夫をこらしているようで、いずれも気持ちよく取材ができました。そして今回お話をうかががった方の多くは話好き…。お店を持ったきっかけや、続けていく楽しさや難しさ、自分のお店のこだわり。(さほど余裕のあるスケジュールではなかったはずなのだけど)いろいろなお話をうかがうことができました。

取材で人から話を聞く、というのは、実はそれなりの労働だと思います。相手から自分が原稿を書くのに必要な情報を聞きだす。できれば相手に気持ちよく話をしてもらう。話している言葉以外のものにも気を配る。移動はカメラマンさんの車であまり体を動かしていない仕事でも、数軒の取材が終わると疲れたなぁ。。と思う。

でも、自分のしていることに「愛」のある人から話を聞くのは、本当に楽しいのです。好きな事をしている、自分はこの店が、この場所がとても好きだ、みたいなのが話の端々に伝わってくると、うれしくなってきます。今回はそんな出会いが多かったような。ヒトサマからよい気をたくさんもらってきたのかな。

そんなわけで、今日はなんだか寝覚めがよいのです。
前途多難な道筋は変わっていないのですが、「いけるぞ」という気分。この気分が「錯覚」で終わらないよう、今日も一日がんばろう。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-11-16 08:46 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧