ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

贅沢は敵か?

今年もあと半月、この時期の楽しみがイルミネーション。

といっても、夜にあまり都会を歩くこともない私のひそやかな楽しみは、御近所のおうちのイルミネーションなのです。12月になると、気合いを入れて玄関やらベランダやらに電飾をつけている家がいくつか。景気もよくないせいか、いつも楽しみにしている家がやめてしまっていて、がっくり…ということもありますが、探すとあちこちで見かけられますね。

ぶっちゃけ思いきり趣味の悪いもの、なんだかセンスがよくて妙にかっこいいもの、いろいろありますが、がんばってるなぁ、、って微笑ましく思うのです。我が家ではできない贅沢だけに、よそさまに贅沢してもらって、こちらも目の保養、というか。

…と思っていたら。

新聞の投書欄に「環境負荷を考えた住宅の電飾を望む」という投書が。
住宅街での電飾が、近所どうしの過剰な競争心を煽るのではないか。光熱費もばかにならず、地球温暖化のことを考えたら企業や家庭の電気使用は節約すべきである。イルミネーションは人気スポットや商業施設にあれば十分。…という要旨でした。

なんだかな。戦前の「贅沢は敵だ」的な雰囲気を感じてしまいましたわ。

地球温暖化を考えたら電気は節約、それはそのとおりだけど、別にいつも浪費しているわけじゃない。この季節だけ家の周りを華やかにして、自分を、あるいは通りがかりの人を楽しませたいと思う遊び心はそんなにいけないことなのかな? 本当に節約を考えたら、商業施設のイルミネーションだって要らない。最低限必要な街灯以外はなくしてしまえ。…倹約!節約!!を叫び過ぎて彩りも何もない生活、私にはちょっと寂しいなあ。

生活を彩るちょっとの贅沢、私は素敵だと思います。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-14 18:37 | 日々のつれづれ。 | Comments(6)
Commented by WrittenbyKaoruF at 2007-12-14 19:08
「贅沢は敵」という思想と、エネルギー資源の問題とは
本質的に違うのではないかなあ。
環境問題は詳しくないので意見出せませんが
最近は節電タイプの電飾グッズもあるし
タイマーで消灯できたりするみたい。だから私も
すべてのイルミネーションに目くじら立てなくても…という気はするなあ。
Commented by nagata at 2007-12-14 21:55 x
なんだか、ずいぶんと論理の展開に飛躍のある投稿ですね。
家庭の電飾が地球温暖化に与える影響は微々たるものでしょう。

最近は商業施設にしても、従来の電球タイプの電飾ではなくて極端に電力消費の少ない発光ダイオード(LED)を使っているところも出てきたので、キラキラきれいだからといって全てが無駄使いしているわけではありません。

無駄と言えば、そもそも夜中までお店や電車などの都市機能が必要なのか?とか、日が暮たら残業しないでみんな家に帰ればいいのにとか、切りがありませんが、全て便利さや業績などとのトレードオフなんですよね。
Commented by ドウガネブイブイ at 2007-12-14 21:57 x
こんちは!久しぶりです。

敵じゃないですけど、「質素の楽しさ」を知れば「贅沢の楽しさ」は
とたんに色あせて楽しくなくなりますな。

Commented by ニシ at 2007-12-15 00:20 x
>Kaoruさん
この投書した人が「贅沢は敵」と言ったわけではないのですが、
なんとなーく
・戦時の大変な時期に贅沢な服装をするなんてけしからん
というのと
・地球温暖化の時期に電力の無駄遣いをするなんてけしからん
というのが同じような雰囲気だなぁ、って感じたのです。

>nagataさん
たしかに、電力が少なくてすむものも最近はあるようですよね。
無駄と思えば、観光地のイルミネーションとか紅葉のライトアップとか、すべてが「なくていいもの」=無駄なものとなりますよね。でもそんなのは寂しいよねえ。。と思うのですが。

>ドウガネさん
お! ごぶさたしています。最近は、山いってますか〜?
質素の楽しさ、それはそれとしてあると思うのです。
だけど、ときには贅沢も楽しみたい年頃なのですよ(笑)。
Commented by まいこ at 2007-12-15 13:25 x
綺麗なものは目の保養だから、時間とお金とやる気に余裕のあるご家庭は良いのではと思います。

なんだってそんな人の事規制したがるんだろ。
Commented by ニシ at 2007-12-17 11:04 x
>まいこさん
ごぶさたしています〜。
そうそう、目の保養、まさにそのとおりです。別に税金とか人の金を使っているわけではないのですしね。

そうそう、教えていただいたブラウザでミクシが見られるようになりましたよ。
ありがとうございます。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧