ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ないものはない、ではすまない。

どこかの国の大臣殿がおっしゃっていましたが…、全然違う話題です。

現在している仕事は、山道具のハウツーもの。おもな山道具についての解説と、商品カタログのページから成り立っています。山道具全般のハウツーについては、自分も実際に使っているユーザーだし、どんなものが必要で、何がポイントなのかは分かります。今回はお店の方々からお話もうかがえて、最近の傾向なども得られました。

が。問題はカタログページ。
それこそ星の数ほど…というと大げさだけど、ある商品の中から、よさそうなものを選び、紹介する。ここ数回、同じお仕事をさせていただいてますが、この「選ぶ」作業が自分には難しいのです。普段から山道具屋に足を運んで商品の傾向を見たり、売れ筋の商品、新製品などをチェックしておけばよいのですが、なかなかそこまで手が回りませんでした。というより、下手に山道具屋に行くと、余計なものまで買いそうで怖いんだもの!(爆)

事前の情報収集、知識の貯えが、本当に大切。クライアントが全部お膳立てをしてくれて、あとは取材して原稿かくだけ〜な仕事なら、付け焼き刃でもなんとかなる。でも、企画から自分でするような仕事の場合、対象となる素材をどれだけよく知っているかがカギになります。これはもともとの守備範囲である旅行ガイドブックでも同じこと。そのエリアの最近の流れや旅行者の動向が見えていないと、旅行者に使い勝手のよい、おもしろいガイドブックはできない。

仕事として受ける以上、知識がない、わからないではすまない。
読者に役立つ、よりよい情報を提供したいと思う。…来年の課題は「知識の蓄積」ですね。ただ受けるだけの仕事から一歩前進、をめざそう、うん。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-26 14:48 | 仕事のこと。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧