ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ほぼ10年ぶり!

草津にいってきました。

いや、草津が10年ぶりなのではなくて。
ニシたろと旅行だったのですが、10年ぶりにスキーをしました。
もともとニシたろとはスキーが縁で知り合ったのですが、諸事情あり、スキーを全くしなくなって幾年月(調べてみたら、最後にスキーをしたのは1997年2月でしたわ)。

スキー場に行ってみたら、、ホントに浦島太郎状態でした。
10年前と全然違うことが多すぎです。びっくりです。

1、板が短くて太い!
私がスキーをしなくなってからまもなく、世の中は「カービングスキー」が主流になったようですね。話には聞いていたのですが、たしかに板が短い! そして太い!!昔は身長プラス10cmでしたっけ?上手い人ほど長い板を履く、みたいな雰囲気だったのに。板を借りたら当たり前のようにカービングスキーを貸してもらえました。へたっぴでも多少上手くすべれたので、ほっとしました。

2、ウエアが地味!
10年前は、蛍光色とか原色とか、、スキーウエアはきらびやかだったのに。今はスキーヤーもボーダーも黒とか茶とか、かなり地味めの色使い、デザインのウエアを着ているのですね。昔はスキーヤーとボーダーのファッションは全く違う印象でしたが、今は同じ感じ。ちなみにたろさんは10年前のウエア、私は山用のヤッケを着ていきました(10年前は青系の花柄ウエアでしたが、実家に置いてきてしまった)。

3、ボーダーがみんな上手!
10年前、スノーボードは出始めで、まだ上手な人があまり多くなくて。スキーで滑っていると、前方によろよろ滑っているボーダーが前触れなくこけたりして、すごく怖かった記憶があります。しかし今はみんな上手い! 当たり前のようにスピードを出して滑っていきます。そういえば当時、「ボーダー、転倒して打ちどころが悪く死亡」みたいなニュースも多かったように思いますが、今はないですね。

昔を懐かしみつつ、まったりと楽しんできたのでした。なにより、たろさんがとても楽しそうだったのが、うれしかったです。せっかくなので、この冬、もう1回か2回ぐらいは一緒にスキーにいきたいな。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-01-23 01:34 | 日々のつれづれ。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧