ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

小さな冬:武甲山

久々に山歩き、久々に奥武蔵。

所属する会の方と、武甲山を歩いてきました。天気もそこそこよく、気持ちよく歩けました。近いうちに山行記録もアップしようかな。今回は、来週の山行に備えてのボッカ訓練、…といっても私は10kgぐらい。同行者のKさんは17kgぐらいの荷物を背負っていらっしゃいました。

登山口のある駅からは、この山が大きく見えるのですが、うっすらと雪化粧。10日ほど前に降雪があったものがまだ残っていたようです。歩き始めると、溶けた雪が凍ってアイスバーンになっているところも多く、ちょっとだけ歩きづらいところもありました。軽アイゼンさえつけるほどではありませんでしたが、周辺が真っ白なのは気持ちがいいですね。山頂付近は少し積雪も多く、プチ冬山気分?

ゆっくり、一歩ずつ歩を進めますが、ひんやりとした空気が気持ちよかったです。遠くから見るとセメントの採掘で痛々しい山ですが、登山道にはそんな雰囲気もなく、私が好きな表参道ルートは、杉の原生林の中を行く、静かで歩きやすい道です。すれ違う人も数人、本当に静かでした。

下山は、長者屋敷の頭を経て浦山口駅へ。下山後は橋立寺そばの茶店でプチ打ち上げ。女将さんが残りもののお惣菜の差し入れをしてくれて、なぜか熱燗まで飲んでしまいました。さらに秩父鉄道の浦山口駅では、電車を待つ私たちに駅長さんが「遠くからお疲れさま」とお茶を出してくださいました。有り難い…。

小さな冬山歩きに、あたたかい人の心。気持ちのよい山行でした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-02-03 15:49 | 山や岩のこと。 | Comments(5)
Commented by KaoruF at 2008-02-03 17:10 x
読んで心が和みました。武甲山の眺め、「浦山口駅」の響きが懐かしい~。
Commented by kuma at 2008-02-03 19:26 x
石灰岩の山なので、削られてると聞いたことがあります。
鈴鹿の藤原岳も同じ運命を辿ってます。
名山なのに、惜しいことですね。
Commented by ニシ at 2008-02-03 20:37 x
>Kaoruさん
一応訓練登山でしたが、なんとなくなごんだ雰囲気でした。
武甲山は、神様のいる山だからか、
歩くだけで「よい気」が体に満たされるような気がします。
秩父鉄道、なんとなく味がありますね。

>kumaさん
はい。石灰岩の山で、いまだに採掘が進んでいます。
まだ100年分くらい資源はあるようですが…。
山頂からの景色は興醒めといえば興醒めなのですが、
でも、それをさし引いても、よい山だと思っています。
Commented by 冬山 at 2008-02-03 23:06 x
この季節はいつも冬眠中です。
今年も相変わらず出遅れ気味でゴロゴロ中。
山の後の気持ちの良い出会い&お食事が羨ましいです。
今年こそ、早めに始動したいなぁ~
Commented by ニシ at 2008-02-03 23:58 x
>冬山さま
はじめまして(でしょうか?)、御来訪ありがとうございます。
冬は、バリバリの雪山もよいですし、
夏場は暑くて歩けない低山も気持ちよく歩けます。
とくに奥武蔵周辺は、この時期のおすすめエリアなのです。
今回は思いがけぬ雪化粧の山、ごほうびもらった気分でした♪
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧