ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お看板

今日は所属する流派でお免状をいただいてきました。

早朝にいきつけの美容院で髪を結ってもらい、先生と待ち合わせをし、お家元宅へうかがいます。お炭点前を拝見し、茶会席をいただき、難しいお濃茶のお点前を拝見し、お薄(普通の抹茶)をいただき、最後にお看板をいただき。長い長い一日でした。

何度か日記にアップしていますが、山より長く続いているのが茶道。長くしても終わりではなく、習うことはまだまだたくさん。お免状をもらったから終わり、でもなく、まだまだ発展途上?です。これからますますがんばって勉強します、という決意表明なのでしょうね。ちなみに、お看板をいただくと、茶道での名前をつけてもらえます。通常は名前の一字と「宗」の字をつけることが多く、私は本名「淑子」の淑の字をとって、「宗淑」というお名前をいただきました。…なんだか女性らしい? すみませんね…(なぜ謝る?)。

本日の私のドレスコードは色留袖。お免状を頂く方は訪問着などのフォーマルウエア、先生は黒留袖をお召しになります。私の色留は濃紫色、黒字に桜と紅葉をあしらった帯を合わせています。考えてみたら色留を自分で着たのは初めてです(今までにも数回着ていますが、いずれも着付けをしてもらっていました)。なんとかうまく着られたような。よかったよかった。

しかし、終日緊張の連続でヘロヘロ。帰りに実家に立ち寄り、お祝をしてもらい、帰宅したのでした。おつかれさまでした…。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-03-20 23:19 | 和もの。 | Comments(10)
Commented by すみこ at 2008-03-21 08:07 x
おめでとうございます。
そして、長い一日をお疲れ様でした。

お看板をいただくのは、新たな決意表明なんですね。

茶道は人生の奥深いところから日常の小さな点にまでつながってく道なんじゃないかな…と勝手に想像しています。
Commented by きよりん at 2008-03-21 11:56 x
おめでとうございます。
ご近所だったら教えてもらうんだけどなあ〜。

ニシさんの着物姿を毎回楽しみにしているので、ぜひアップして下さい!
Commented by ままみ at 2008-03-21 12:22 x
おめでとうございます。
高校生の時から結婚するまで習いましたが、ほんの入り口でやめちゃいました。
いつの日かと思いながら・・・・・・・・・。
お茶室の空気(空間)が大好きです。
動作・たち振る舞いがつながっていてきれいだし。
お濃のお手前もだけど、季節によってお道具によって、終わりはないなぁと思いました。
夏にふくさでセミを作るのが好きでした(笑)
それに、お香や掛け軸・お花・道具類・炭・初釜の時の懐石料理・・・・・・
覚えることも次々あるから、楽しいですね♪
Commented by ニシ at 2008-03-21 18:29 x
わ、みなさん、ありがとうございます。

>すみこさん
茶道とは、、おっしゃるとおりだと思います。
特別で難しいことをしているように見えて、
すべては相手への思いやりの心のあらわれだったりします。
日常に生きる立ち居振る舞いや知識もありますしね。

>きよりんさん
ごぶさたしています! お着物着てますか?
…教えるなんでまだまだ、10年早いですが(苦笑)
お茶会御一緒するぐらいなら、ぜひぜひ♪ 
春先はお茶会もたくさんありそうですよ〜。
…今回の着物、撮影し損ねました…。残念〜>_<。

>ままみさん
そうですね。お茶の世界はいくら習っても終わりがないです。
月によってお棚やお道具も違うし、お点前も。
忘れっぽいので、毎年新たな気持ちで習ってます(苦笑)。
形を追うのでなく、心のこもった美しいお点前をしたいと
思いますが、なかなか道のりは遠いですね。
Commented by ボン at 2008-03-22 11:38 x
おめでとうございます!
山に着物に茶道に書き物に… 多芸多才なお方ですなあ〜!ニシさんは。
好きなことを続けているのはとても素敵なことで人生の財産だね♪
これからもガンバです!
Commented by ニシ at 2008-03-22 13:10 x
>ボンさん
多芸多才…おだてても何も出ませんよ(ニヤリ)。
好きなことを続けられる環境、有り難いことです。
いつまで続けられるか分からないから、今を精一杯楽しみたい
なぁ、って思います。もちろん壁もね!(笑)
Commented by aya at 2008-03-24 12:54 x
おめでとうございます。
さすがにニシさんはなんでも突き詰めてらしてとてもステキです。
着付けもできるしお茶も…そしてそれで山にまで登ってしまう!

ニシさんの和モノの日記を拝見するたびに、いつか私も着付けをまた習って~と思うのですが、重い腰がどんどんどんどん重くなっています…
Commented by ニシ at 2008-03-24 13:11 x
>ayaさん
ありがとうございます。
いや、お茶も着付けも山も、ぜんぜん突き詰めてなどいないっす。
どれもみな道の途中です(しかもどれも下手の横好き)。
ayaさんはたしか、着物は着られる方でしたよね。
着付けを習うのもよいですが、時間を作るのが大変だと思うので
まずは「着物で出かける機会」を作ってみたらどうでしょ?
たとえば着物好きなお友達とランチ&映画とか。
ちょくちょく着ていると、思い出していくものですよ〜。
春だし、よかったら着物デートしませんか?(笑)
Commented by aya at 2008-03-24 20:38 x
なるほど~
私は初心者講習を追えたレベルですので、全然着れないのですよ。
しかもお着物も振袖と色無地しか持ってないので、普段に着られる着物がないのです。
いろいろ欲しいなぁとは思いつつも家にはそんなスペースもなかなかなく(前述の二つと浴衣とそれらの小物でいっぱいいっぱい)購入までにも至らず…
お着物デートもいいですねぇ。
気軽に着られるお着物、本気で買ってみようかな。
Commented by ニシ at 2008-03-24 22:23 x
>ayaさん
むむ、そうでしたか…。
たしかに、普段着の着物って、普通の人は持ってないかも。
私も、普段着の着物は着付け教室に通っているときに買ったけど
今は買わないし、ほとんど着ないです(お茶会ではフォーマルな着物を着ることのほうが多いので…)。
買うのは、ある程度目が肥えてからのほうがよいかもしれませぬ。わからないと、けっこう「高くて悪いもの」に手を出してしまうこともあるので…。
着物デート、御興味あればぜひぜひ。
私のでよかったら、着物お貸しします&着付けしますよ?
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧