ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

新緑クライミング・つづら岩

日曜日は会の先輩方とつづら岩で岩登り会。

6月に谷川岳に行くための訓練山行でした。総勢4名、私以外はみなさん上級ベテランクライマーさんたちでした(つまり今回はニシ特訓山行だったのか)。

つづら岩は奥多摩にある岩場で、登山口から岩場までは約1時間の歩き…登山道を歩くことになります。そのためフリークライマーさんたちには全く人気がなく、どちらかといえば本チャン用の練習場という印象が強いようです。雨上がりだし、人もほとんどいないのでは?と思っていましたが、結局4パーティーいました。

夜中に雨が降り、明け方はじっとり湿気が高く、岩場への道ガスガス。足場も悪かったのですが、霧にけむった樹林は美しく、山の「精気」が濃厚な気がしました。こんなんでは岩場はびしょびしょだろうな、登れなかったらどうしよう…と思っていたのですが、岩場はそこそこ乾いていて、普通に登れました。

たくさんリードで登らせてもらいました。ロープワークの練習、ルートファインディング、ランニング…、難しいけど面白い。でもダブルロープはやっぱり難しい…。ランニングを取るのも、ビレイをするのもダメダメでした。もっと練習しなくちゃ。

しかし、、自分の駄目っぷりはさておき、この岩場はホントに楽しい!もっと難しくて悲しくなるような岩場だと思ったのですが、4級ぐらいのルートがたくさんあり、気持ちよく登れます。大きな岩場で、高度感もあり、山頂に立つと周囲が一望。今回はちょうど新緑で、深い緑や浅い緑のだんだら模様にツツジ?やフジの赤紫色が混ざり、本当にきれいでした。

なんだかとっても楽しくて、幸せな気分で岩に向き合えた1日でした。
今年は何度かここに通って練習がしたいな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-05-19 17:47 | クライミング。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧