ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

遠方より友来たる。

夜、久しぶりにPUMP1へ。

大阪の山仲間、よねさんがお仕事で東京にしばらく滞在するらしく、久々に登ろうとお誘いが。ちょいと仕事はテンパっているのですが、息抜きも必要!と気持ちを切り替えて、いそいそとジムに向かいました。

よねさんとクライミングするのはほぼ1年ぶり。近況報告をしながら、交互にどんどん登ります。よねさんはどっかぶりの壁を喜々として登り、私は先日からの宿題、sora壁の緑棒(5.10b)にトライ。2便出してなんとかワンテンまでこぎつけました。ムーブも固まったし、次はたぶんいけそう。…しかし、この課題のポイントは「最後のホールドは無視する」こと。面白いです。

よねさんと話をしていて、「最近、●●さんと会ってる?」という話に。mixiの山コミュのオフ会がきっかけでよねさんとやりとりをするようになったけど、その頃一緒に山に行ったり、壁に取付いたりしていた人達と、考えてみたらほとんど今やりとりがないことに驚き。でもどうやらみんなそれぞれのスタイルで山を楽しんでおられるようで、トレランにいそしんでいる人もいれば、縦走を楽しんでいる人も、クライミングでもボルダーを中心に楽しんでいる人も。かくいう私は、ロープにつながって岩を登って山のてっぺんに立つことを楽しいと思う人間になってしまいました。

短時間に何本も登って、ちょっとヨボヨボ。でも楽しかったなあ。
仕事で煮詰まって体にたまった「どろどろ」が汗でざーっと流れていく感じが気持ちよかったです。登れたらすごく楽しい、でも登れなくても楽しい。ちょっと病気かもしれませんね。おつかれさまでした♪
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-12 01:43 | クライミング。 | Comments(2)
Commented by えり at 2008-06-12 12:15 x
山と言ってもそれぞれ楽しみ方が違いますものね。
スタイルによって友達付き合いも変わってくるのかもしれません。
息抜きできてよかったですね。
お疲れ様でした!
Commented by ニシ at 2008-06-12 14:32 x
>えりちゃん
そうですね。私の場合、ずいぶん山スタイルが変わりました。
今は会の人と行く山行が中心です。
他の人といかない、ということはないのだけど、どうしても気心のしれた、同じような志向の人とでかけるようになりますよね。
そういえば、えりちゃんとしばらく山にも壁にもいってない…。
そろそろどこか行きましょうよ。飲みでもいいでですよ(笑)。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧