ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

塔ノ岳に集合せよ!

日曜日は所属する会の月例山行@丹沢でした。

今回は、複数のパーティーが、定刻に同じ山頂を目指すという「集中山行」でした。13:00に塔ノ岳集合。沢を登って山頂を目指すチーム、ハイキングをするチーム、泊りがけで主脈縦走をするチーム、全部で5チームが出動したのでした。

私が参加したのは、鍋割山経由で塔ノ岳を目指すハイキングチーム。今回山行に初参加の新人さんと、何度か岩で御一緒しているOBのA先輩と御一緒しました。天気は高曇り、稜線に出ると相模湾や周囲の山々がきれいに見渡せました。富士山はさすがに雲の中でしたが…。かなりいいペースで鍋割山に到着し、名物の鍋焼うどんをいただきました。ホントに具だくさん、やや濃いめのつゆが汗をかいた体に染み渡る、おいしいうどんです。そのあと、A先輩がコーヒーを御馳走してくれました。

塔ノ岳には定刻30分前に到着。すでに主脈縦走と、別ルートからのハイキングの2パーティーが到着していました。みんなで健闘をたたえあい、道中どんな様子だったかを報告しあいます。そうしているうちに、沢登りの2チームも到着。誰かが到着するたびに歓声をあげてお出迎え。かなり盛り上がります。そして、定刻より少し前に、すべてのパーティーが塔の岳山頂に到着しました。よかったよかった。

下山は大倉尾根を全員で。大倉からバスに乗って渋沢に向かい、2つ隣の駅にある日帰り温泉施設で打ち上げをして、ほろ酔いモードで帰宅したのでした。今回は、世話役のひとりでもあったので、うまく進んで心底ほっとしました。最近は岩登り系の山行が多かったのですが、久々のハイキング、まったりとしていてよかったです。そろそろ低い山も紅葉が始まるのかな。こんどはどこへ行こうかな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-09-29 14:05 | 山や岩のこと。 | Comments(4)
Commented by うし at 2008-09-29 21:22 x
ミクシー日記にも書きましたが、私もそのころ塔の岳のすぐそばにいましたよ。私はセドの沢左俣で、12時半頃に稜線の登山道に抜けました。
丹沢の登山道って人多いですね。
Commented by ニシ at 2008-09-29 22:41 x
>うしさん
はい、日記、拝見しました。
セドノ沢というのは、表尾根のほうに出るのですね。
うちの会では、源次郎沢と勘七沢に入っていました。
もしかしたら、源次郎隊とどこかですれ違っていたかも??

丹沢、いつも人が多いです。人気の山域ですよね。
Commented by a-yan at 2008-09-30 00:24 x
その前の日に、塔の岳に登りました。
最近運動不足で、筋肉痛です。。。
Commented by ニシ at 2008-09-30 01:23 x
>a-yan
あら、そうでしたか。
どのルートを登ったのかな? 大倉尾根かなぁ?
いくつかルートがあるけど、今回の鍋割山経由で登るルートは
それほど高低差もなく、明るい林の中を歩くから
気持ちよくておすすめです。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧