ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

冬山レスキューおさらい会

日曜日は谷川へ。

2月に東京都山岳連盟の「冬山セルフレスキュー講習」を受講したのですが、そのおさらい会をしにいったのです。場所は講習を受けた場所と同じ、白毛門登山口あたりで。一緒に講習を受講した、会の後輩カトちんと、会の大先輩Nさん、入会したばかりの新人Yさん、あと、講習会でよくご一緒する友人のMさんと5人で出掛けました。

今回のおもな目的は、買ったばかりのビーコンとプローブ(ゾンデ棒)を使う!ということだったのです。講習会を受けたあと、私とカトちんはおそろいのビーコンを購入(仲良しだから…ではありません。このビーコンが一番安くて軽いのです)。とにかく使ってみたい、実際に使えるのか試してみたい…というところでしょうか。

2月よりもずっと雪が少なくなっていた白毛門。しかし、訓練ができる程度にはまだ雪が残っていました。午前中には弱層テストをしたり、ビーコンで捜索の練習をしたり、雪洞や風よけの壁を作ってみたり。午後からは、Mさんがロープを持ってきてくれていたので、カラビナを使った懸垂下降や引き上げの練習などを。予想以上に盛りだくさんの訓練ができました。

帰りは例のごとく、バスを待ちながらバス停で飲み、水上駅から電車の中で飲み、さらに赤羽で途中下車していつもの店で飲み。楽しかったです。

セルフレスキュー系の訓練は、普通の山行ではなかなか行ないませんし、本などで勉強しても実際にしてみないと分からないものです。また、一度してみただけ、見てみただけでも身につかないものだと思います。講習会で習ったことを身につけ、さらにプラスアルファの知識も得られた、とても充実したおさらい会でした。計画してよかったなぁ〜。おつかれさまでした!
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-03-09 21:00 | 山や岩のこと。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧