ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

新緑から深緑へ・伊豆ヶ岳

今日は所属する会の人たちとハイキング。

ニシ的三大名低山のひとつ、伊豆ヶ岳です。総勢7名、うち2名が初めてご一緒する方達でした。天候は曇り。歩いていると暑いけど、休憩しているとどんどん冷えていくようでした。山の緑は新緑から少し葉の色が濃くなったような状態。ツツジやミズナラ、ブナ(かな?)の明るい樹林を見上げると、重なり合った葉が日に透けて、ちょといい気分です。楽しみにしていたヤマツツジはほぼ終わり気味でしたが、伊豆ヶ岳の山頂だけは満開でとてもきれいでした。ウツギはずいぶんあちこちで咲いていました。他にも白い花木がたくさんあったけど。。

寒い日だったし、雨もちょっぴり心配だったので、「ややゆっくりペース、ただしなるべく休まない」方式でいきました。おかげで雨にも降られず、かえって予定よりやや早めの時間に下山できた割には、初めていらした方々からは「とっても気持ちよく、疲れずに楽しく歩けました!」とお言葉をいただき、ほっと一安心。山行企画人の面目躍如でございます(笑)。

※ちなみに私は「山で早く歩くこと」にステイタスを感じない人間です。よくいるでしょう、「エアリアで●時間のところを▲時間で歩いた」とか得意げに言う人。安全対策として、標準タイムよりやや早いペースで歩けるだけの余力があるほうがいいけれど、それだけのこと。そんなに早く歩いて、あなたは何を見ましたか、感じましたか、と聞いても何もかえってこない人のなんと多いことか。「すごいですね、健脚ですね」と声をかけてほしそうだからかけてあげるけど。「もったいないですね」という言葉を心の中で付け加えながら。

下山は大好きな「浅見茶屋」へ。こしのある手打ちうどんを、今日は「つけうどん」でいただきました。あいかわらずおいしい〜。駅前の売店でもさらに打ち上げをし、気持ちよく帰宅したのでした。緑に囲まれてしっかりリフレッシュ。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-05-16 22:37 | 山や岩のこと。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧