ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

水と戯れる:水根沢

d0100314_18114724.jpg
日曜日は沢登り。
山岳会の人たちと奥多摩の水根沢にいってきました。以前行ったのは前の会にいたとき。同行者のひとりに「泳ぎの沢だけど大丈夫?」と心配され、そんな記憶はあまりなかったのだけど、行ってみたらやっぱり泳ぐというより水と戯れる沢でした。泳ごうと思えば泳げるゴルジュ、水を浴びようと思えばいくらでも浴びられる滝。でも巻き道はみんなけっこう歩きやすくて。人気がある沢にはそれだけの理由があるんだなぁ。いくつかのパーティが入渓していました。

たっぷり水に浸かり、修行のように滝で水を浴びたら、すっかり体が冷えてしまいました。動いていると暑いのに、止まっているとどんどん寒くなってしまいます。すぐには発熱しない年頃なんですねえ、もう。でも、水に突っ込むのは決して嫌じゃないらしいです。

下山後は温泉に浸かってよく温まり、駅前の大好きな飲み屋さんで飲んだくれ。お店に行ったのは2年ぶりぐらい、でもおかあさんに覚えていてもらって、心底嬉しくて飲み過ぎました。この店ではいつも飲み過ぎてしまうのです。

いい沢でした。でも今度行くなら真夏だな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2016-06-29 18:12 | 山や岩のこと。

環境整備

ぐつぐつと煮詰まりながら机仕事の毎日。

冬から携わっていた書籍の仕事がひとつ終わって、少し気持ちが落ち着くと、放っておいたもろもろが気になるのですね。快適な仕事は、よく整理された仕事場から生まれるもの。そういえば「机周りが整理できない人は、仕事もできない」と上司から言われたことがあったっけ。

そんなわけで。仕事の合間にふと思い立って本棚の整理。もうほとんど読まないであろう本を図書館送りにしたり、ほぼ使うことのないかつての仕事の資料本を倉庫に送る準備をしたり。本が幾重にも積み重なって、見たいものがすぐ見られない状態だった本棚がだいぶスッキリしました。基本的に本は「捨てない」です。ほとんど読まない本は地元の図書館へ寄付。そうすれば読みたくなったら借りられるので。

それから、壊れかけている仕事用のイスを買い替え。妹から譲ってもらって結婚前から使っていたものだから、もう20年以上…背もたれの調節が馬鹿になっていて、座るところの生地が破れてスポンジが出ていて、そろそろ替え時、いやいやすでにずっと前から替え時だった。早く届かないかな〜。

そしてそして、登山地図の買い替えも。登山地図は10年たったら買い替えかなあ…と思っているのですが、手元にあるのは最も古いもので2002年版でした。さすがに10年たつと登山道が少し変わっていたり、表示の内容も変わっていたりします。直近で使う予定があって10年以上経っているものを、まとめ買い。そうでもしないと、なかなか買い替えないですよね…。ちょとスッキリしました。

本当はもうひとつ。新しく買ったパソコンのセットアップをしたいのだけど、こちらはもうちょっとかかりそう。てか、買ってもう3カ月経っているのですが、セットアップにも、新しいOSに順応するのにも時間がかかりそうで、怖くて触れずにいます。本など買ってはみたものの、なかなか本腰を入れる時間がとれず。くすん。
[PR]
by toshizo-Ni | 2016-06-25 14:12 | 日々のつれづれ。

復活???

久々に。本当にひっさびさに、地元のクライミングジムに行ってきました。

岩はときどき登りに行っていたのですが、ジムは本当に久しぶり。自宅から自転車をこげば、5分かからずいける場所。仕事の合間にと思っても、合間がない日々を過ごしていました。仕事が落ち着き、ようやくいく時間が取れるようになりました。

「あれ〜久しぶり。どうしてたんですか〜?」とお店の人に聞かれつつ、恐る恐る試運転。ピンク、水色は無問題。黄色もとりあえず行けた。しかしあっという間に腕の力がなくなっていき、指の皮がヒリヒリしてくる。。オレンジは全然登れず。あと一息のものもあり、ムーブが全く思いつかないものもあり。

2時間弱で撤収。手のひらと指の腹が真っ赤。もうちょっとがんばったら、指の腹がずるむけになっていただろう。すっかり「お嬢様の手」になってしまった。

いやあ、ひどい。でも楽しい。
もう2回ぐらい通えば、ムーブの引き出しは元どおりになるんだろうか。腕力は気長に戻していくしかないな。あとはもうちょっと痩せるか。今週中にもう一回行きたいな。いや、行くのだ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2016-06-22 17:46 | クライミング。

今月のお仕事。

d0100314_23262030.jpg山ばっかり行ってるように見えますが、仕事もしています。というか、どうやら机仕事をしているか、仕事またはプライベートで山に行っているか、という毎日を送っているようです。

●岳人別冊夏山
雲取山のコースガイドを執筆しています。「夏山プレデビュー、アルプスの前に登りたい山」だそうです。標高差もあるし、でも変に難しいところはないし、山頂近くで小屋泊まりもできるし、東京都だし、雲取山はいい山ですよね。

●夏山JOY2016(山と渓谷社)
こちらは原稿かきではなく、南アルプス、中央アルプスのルートガイドページを一部編集しています。素敵な山の写真やコースガイドの記事を見ながら、ひたすら山ゴコロを煽られる、ある意味つらく(笑)、でも楽しい仕事でした。著者の皆様、お世話になりました。

●山と渓谷7月号
別冊付録の妙高トレッキングブックの一部編集執筆をしています。夏の妙高・火打、いいなあ…。高山植物に逢いに行きたいなぁ。こちらもまた、山ゴコロを煽られる仕事でした(涙)。

いずれも、メイン特集のテーマはアルプス登山。ちまたでは梅雨本番ですが、梅雨が終われば夏。。。山ごころをそそられる雑誌たち、ぜひぜひどうぞ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2016-06-20 23:27 | 仕事のこと。

山の恵みを味わう

d0100314_23162328.jpg

火曜日、仕事のあいまをぬって沢登り。

山菜に詳しい山仲間に、いろいろと教えてもらうことが目的でした。もう終わりかけ…ではありましたが、うるい、みず、うど、いたどり、たらのめ、などなどなど、数えてみたら、全部で10種類。驚きです。

滝の多い沢で、ちょっと大変なんじゃないか、天気もよくないんじゃないかと思ってましたが、ふたをあけてみれば気温高めでときどき日ざしもあり、足並みのそろったパーティだったので山菜の勉強をしながらもサクサクと進めました。とてもきれいでいい沢でした。下山は歩きやすい登山道をさっくりと。下山後の温泉も気持ちよかったです。

とってきた山菜はみんなで山分けし、いただいたものは我が家の夕食のおかずに。
ミズの茎の塩炒め、うるいのおかか和え、うどの葉は細かく刻んで塩味をつけて混ぜご飯に。どれもみな美味しくいただきました。

来年は泊まりでいきたいなあ。やはり山の中で山の恵みを味わいたいです。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2016-06-10 23:10 | 山や岩のこと。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧